カットすること

民事再生は住宅のローンもある重債務に苦しんでいる債務者をターゲットとして住居を維持しつつも経済面で再生するための法的な債務を整理する処理方法として利用できるようになった法律です。

 

民事再生には、自己破産とは違って免責不許可となる要件はないので投機などで借金したような場合においても民事再生手続きはできますし自己破産をしてしまうと業務が不可能になる危険のある業界で給与を得ている場合等でも手続きが行えます。

 

破産申告では、住んでいる家を残すことは不可能ですし、特定調停と任意整理では元金は完済していくことが求められますので、住宅のローンを含めて支払うのは難しいと思われます。

 

ただ、民事再生による処理を採用できれば住宅ローンを別とした負債額はかなりのお金をカットすることが可能なため余裕を持ちつつ住宅のためのローンを返済しつつ負債を返していくことが可能ということです。

甘酸っぱい箱

といっても、民事再生という選択は任意整理による手続きや特定調停といった処理とは違い一部分の負債だけを省いて処理していくことは考えられませんし自己破産のように借り入れ金そのものがなくなるということでもありません。

 

さらに、他の債務整理と比較して手順が簡単ではなく時間が必要ですので、住宅ローンなどがあってマイホームを手放したくないような状況を除いて、破産手続き等その他の方法がない時だけの最終的な手段と見ておいた方がいいでしょう。