1点買いはダメ

取引を始める前であったら、場面を合理的に調べる事のできる余裕がある。

 

ところが、ただ一度マーケットの中へ飛び込んでしまうと受け取り方が独りよがりになってしまい状況によっては適切な状況判断ができなくなる恐れが生じる。

 

その分自らの合理的な状況できちっと事前準備が重要です。

 

この"準備"とは、とにかく己の脚本を描くことから始めます。

 

これからの相場は下がる(または上がる)から、円を買う(あるいは売る)みたいに、自分で考えた筋書きを書いていきます。

 

次に日足チャートを調べましょう。

 

これまでの為替相場の上がり下がり調べて、今の値段を確かめます。

 

すると、「今現在はだいぶ低い状態になっているな」とか、それとも「今となってはたくさんの勝負している今から自分か買い(または売り)してももはや遅すぎるな」ということが見えてきます。

 

当然、今はもう買い(または売り)するのが手遅れだなと思ったら、エントリーしないで、その状況ではあきらめることか大事です。

 

どうしても自分のストーリー展開を妥協しないで、無理に売買すると、為替相場に跳ね返されてしまい逆に損することになる危険性があります。

 

ただしたいがいの場合では、緻密なシナリオを考えておけば取引がなすすべがないという具合にはならないと思います。

 

おそらく、リアルに市場が変動する前の状態のはずだからです。

 

その次は、とりあえずあなた自身が売買しようとする通貨の推移をきちっと調べる事が重要です。

 

円安に向うだろうという筋書きを考えたのであればその外貨の変動に注目する事が大事です。

 

マーケットの変動を注意を払い始めた場面ではまだまだその外貨は明確に動く兆候を見せることはなく、上下に多少の動きをしているだけでしょう。

 

だが、その変動をきちんと注目していると、ある地点で着実に、ドル高の方向へと相場が動き始めてくる。

http://tuura.hatenablog.com/

この場面でやっとドル円の新規注文を出すのだ。

 

おおむね、念入りに用意を進めておけば、その取引で利益を上げる確率は比較的高くなるはずです。